クエスト:追い詰められたネズミ【A Cornered Rat】

リバーウッドの宿屋「スリーピング・ジャイアント」で、デルフィンからエズバーンを探すように言われて始まるクエストです。

マップを開くとリフテン【Riften】にマーカーがついているので、リフテンまで行きましょう!

リフテンはマップの右下の方にあります。

すでにリフテンに訪問済みの場合は、直接ブリニョルフに話しを聞きに行けばいいのですが、ここでは初リフテン訪問の場合で進めていきます。

初めてリフテンに来た場合、門の所にいる衛兵に「訪問者税を払え」と強請られますが、「どう考えてもゆすりだな(説得)」を選ぶとすんなり門を開けてくれるので、そちらを選びましょう。

そして、この時点で「ラグド・フラゴンで顔面改造医と話す」というクエストを受けていなかった場合は、隣にいるもう一人の衛兵に話しかけると、このクエストが発生します。

リフテンに入り少し進むと、モールという男性が話しかけてきます。

モールとの会話の選択肢で開始されるクエストは以下です。

  • 「この宝石の価値を教えてほしい」珍しい石を鑑定人のところに持っていくが完了し、続けて「草の根分けても」が開始される。目的として「盗賊ギルドの正式メンバーになる」が追加。
  • 「盗賊ギルドについて何か知らないか」「盗賊ギルドに加われるようブリニョルフと話す」が追加。

次に、橋の上でサファイア(Sapphire)とシャドル(Shadr)が揉めている場面に出くわします。

こちらは「シャドルの借金についてサファイアと話す」というクエストに繋がります。

目次

キーラバかブリニョルフからラットウェイについて聞く

キーラバの場合

リフテンの宿屋「ビー・アンド・バルブ」のカウンターにいるアルゴニアン女性です。
彼女に話しかけると「年老いた男を探している。リフテンのどこかにいるはずなんだ」という選択肢が出るので、そちらで進めていくと「エズバーンの居所を聞き出す」が完了となり、続けて「エズバーンをラットウェイで探す」が始まります。

ブリニョルフの場合

エズバーンの居所を聞き出す前に「チャンスのお膳立て」というクエストをクリアしないといけません。
その後、「エズバーンをラットウェイで探す」が始まります。

ラグド・フラゴンへいく最短ルート

エズバーンはラットウェイ・ウォーレンズという場所にいます。

ウォーレンズへは、盗賊ギルドの本拠地「ラグド・フラゴン」を通過しなければいけないため、まずはラグドフラゴンを目指しましょう。

最短でラグドフラゴンに辿り着くには、熟練者の鍵を開けないといけないので、鍵開けスキルとロックピックが必要になります。
鍵開けに自信がない場合は、遠回りにはなるけれどこちらの行き方を見てください。

まずはラットウェイに入るため、鍛冶屋の真下にある入り口から侵入します。

ラットウェイに入り先に進むと「ドラーフ」「ヒューノン・ブラック・スキーヴァー」という男性二人が話しており、こちらに気づくと襲ってきますのでサクサクっと倒しましょう。

道なりに進んでいくとベッドロールが置いてある場所に出ます。

下へと飛び降りるための穴がぽっかり開いているので躊躇なく飛び降りましょう!

飛び降りたら、すぐ左手にある扉へと進みます。

熟練者の鍵がかかっているので開錠し、上へあがっていき左手にある扉がラグド・フラゴンです。

「ごろつき」という名の敵が一人いるので気を付けてください。

ごろつきに向かって右側に、レバーが設置してある場所があります。そのレバーを作動させると架け橋ができて、リフテンへ戻れるようになります。

地道にラグド・フラゴンへ向かうルート

熟練者の鍵開けに不安な場合やロックピックを持っていなかった場合はこちらのルートになります。

遠回りにはなりますが、その分いろいろなアイテムも手に入れることができます!

ベッドロールが置いてある場所から飛び降りるまでは最短ルートと同じです。

ここで、左にある熟練者の鍵がかかっている扉とは反対方向の、右へと続く道を進むと扉が出てきます。

扉には見習いのトラップが仕掛けられているので、先に解除するか扉から少し離れた場所で開けるようにすると槍の餌食にならなくて済みます。(*’ー’*)

扉の先へ行くと一見3つの入り口があるように場所でますが、進むのは一番左です。スキーヴァーが一匹いるので注意!

スキーヴァーを倒して扉を開けると少し広めの部屋に出ます。この部屋には「拳のジアン」という人物が潜んでいて、プレイヤーを見つけ次第襲い掛かってきます。

入ってすぐのところににベアトラップが仕掛けられているので、こちらも踏まないように気を付けましょう。

ちなみに、この拳のジアンを倒すともれなく「拳闘士の手袋」というユニーク防具をゲットできます。(*’ー’*)

錬金台も置いてあるので、材料を持っていたら回復薬などを作っておきましょう。エズバーン救出までにサルモールと戦うことになります!

扉を開けて先へ進むと、今度は上へ上る階段が出てきます。この階段にもトラップが仕掛けられているので踏まないように気を付けてください。

階段を上がった先には、木に鉄の両手斧が刺さった場所にでますが、特に何もないので先へと進みます。

すると「ごろつき」という敵が一人いる部屋に出て、その奥にある扉がラグド・フラゴンです。

最短ルートとは反対側から出てくる感じですね。

ごろつきに向かって右側にレバーが設置してあり、そのレバーを作動させるとリフテンへ戻れるようになります。

ラグド・フラゴンからラットウェイ・ウォーレンズへ

ラグド・フラゴンに入ったら、カウンター横にある扉がラットウェイ・ウォーレンズへの入り口です。

進んだ先にはすでにサルモールが待ち受けているので、戦闘モードで侵入しましょう!

サルモールを倒したら一番下まで下りて、SSの通りに進みます。

この先にさらに「ラットウェイ・ウォーレンズ」という名の扉が出てくるので入ります。

道なりに進み、階段を上がったところにある端の部屋にエズバーンが隠れています。

この場所には、料理人の服装をして「うまそうだ」と襲ってくるクジャルクさん。

襲ってはこないけど、ちょっと言ってることがわからないサルビアヌスさん。

一人でぶつぶつ呟いている耳の悪いヘフィッドさんがいますが、倒しても倒さなくても問題ないです。

扉に近づき開けようとするとエズバーンが顔を出します。

鍵を開けてもらい中に入り、エズバーンとアルドゥインについての話を終えると、クエスト「追い詰められたネズミ」が完了となります。

続けて次の連続クエスト「アルドゥインの壁」が開始されます。

ちなみに、このエズバーンの部屋には、ベッドの足元にある木箱に「炎と闇:死の同志たち」とういう本が入っています。
これは片手武器のスキル本なので忘れずに読んでおきましょう!

SHARE
目次
閉じる