スカイリムって本当に面白いの?→楽しめるのはこんな人!

長らくスカイリムをプレイしてますが、(途中でやめたり再開したりの繰り返し)友達に「スカイリムが好き」って言うと、大体「そんな古いゲームおもしろいの?」っていう風なことを言われます。なので。。。

ちょっとsteamってところで見てきてみ~?

と、紹介した後に感想を聞くと・・・
これまた大体が「いや、絵的に無理だね・・・」って答えが返ってくるのです。。

わかります。わかりますとも。
なぜならば、最初はこの私も同じ感想を持っていて、なかなか買えずにいたから。

  • 古いゲームってどうなのかな…?
  • 戦闘が難しいんじゃ…?
  • キャラクターがかわいくないなぁ…
  • なんか汗臭そうな雰囲気…

そんな理由から「ほんとに自分は楽しめるのか?」とずっと悩んでたんですが、たまたまセールがあり「この値段なら失敗しても仕方ないと思える」と思って買ったのが「」です。

私と同じようなモヤモヤを持っていて未だ購入を迷っているという方のために(特に女子様へ)、”スカイリムを楽しめる人ってたぶんこういう感じ”、という”あくまでも個人的な思い込み”を書きたいと思います。

目次

古いゲームはグラフィックがちょっと・・・

最初に「古いゲーム」と言いましたが、スカイリムは海外版が2011年11月11日、日本語版は2011年12月8日に配信されたゲームタイトルです。
うん、古いですね。

もっと言うと、スカイリムというのはThe Elder Scrolls (ジ・エルダー・スクロールズ)というシリーズの5作目となるものです。

私自身はスカイリムからのスタートなので、前作をぜひともやってみたいとは思ってるんですが、「日本語化が大変そう」とか「グラフィックがさらにヤバめだ・・・」とか「Modの数も少ないんじゃなかろうか」といった理由で躊躇しています。
steamでセールが来るたびに、買うか買わないかで悩んでは見送っている状態。。

私はゲーム好きですが、見ていて「きれいだなぁ」と思えるものしか続いた試しがありませんし、そもそもプレイしようという感じにもならずにスルーしてしまうほうです。

LE時代のグラフィックは、確かにそのままだと「うーん・・・」という感じでしたが、スペシャルエディションになってからはグラフィックもかなり向上したし、そのままプレイしてもそれほど古さは感じないと思います。

以下はスカイリムSEの動画です。

テクスチャの粗さは目立ちますが、その辺はすべて「Mod」が解決してくれます。

今は高解像度テクスチャもあるので、重さ&容量をカバーできるPCがあるならばどこまででも美しい世界を作り出していけることでしょう!
ちなみに、この記事内で張り付けているSSはすべて私のプレイ環境(まだまだ構築中状態)でのものになります。

個人的に「ちょっとだけファンタジー」「それなりに明るい世界」「松明なくても歩ける夜」な映像を目指しているのでこんな感じですが、”もっとカラフルファンタジーに!”、”もっと明るくしたい!”なんてことも少し手を加えるだけで簡単に調整できます。

SSは、サイトが重くならないように結構画質下げていて粗くなってしまってるので、実際のゲーム画面のほうが断然きれいです。

スカイリムの戦闘は難しい?

スカイリムの戦闘については様々な意見があると思うのですが、よく目にするのは「単調でつまらない」というようなこと。
正直、「戦闘」については私自身が全く重要視していないので、専門的なことはわかりません。ごめんなさい。

でも!「難しそうだからやめておこうかな」という方には、声を大きくして言えることがあります。

まったく怖がることなし。大丈夫。ぜんぜん大丈夫。観光を楽しんで♪

というのも、難易度を6段階【Very Easy – Easy – Normal – Hard – Very Hard – Legendary】から選べるからです。
ベリーイージーにしておけば、すぐに死んでしまうというようなことはないです。

武器も「剣」と「魔法」はもちろん、「メイス」や「杖」「ハンマー」「クロスボウ」など多種多様なものが用意されているので、きっと自分に合った武器があると思います。

べりーいーじーで右手に剣、左手には回復魔法…としておけば、そうそう死んだりしません。

戦闘系ゲームが苦手な私ですが、一番初めに片手剣をもって降り立ったスカイリムの地で「こんなん進めるの無理だー」と挫折したこともしかけたこともありません。(べりーいーじぃの場合)

しかし、それでももっと楽に敵を倒したいとか、逆に弱すぎてつまらないということであれば・・・やはりMod様が全てまるっと解決してくださいます。

信じられない強敵を作るもよし、戦闘そっちのけで採集にいそしむ為にワンパンで倒しちゃうも良し、そういうことができてしまえるのがModのいいところですね。

キャラクターが美しくない

スカイリムは日本のアニメちっくなキャラクターとは程遠いです。
FFのキャラとか想像してるとあまりの衝撃に一気にやる気が削げ落ちます。

こちら↓はニンテドースイッチ版のスカイリム紹介動画です。

出てくるNPCさんたちを見ても、かわいいとは言い難いお顔の造形の方たちがちらほら…
ちょっとこの映像では、「かわいくて美しい世界を旅したい」と思ってる方には厳しいかなぁと思います。

というわけで、やっぱりここもModで解決!

NPCの女性も・・・

男性も・・・

「じゃがいも!じゃがいも!」と呼ばれ続けている子供たちだって・・・

このように、Modがあればキャラクターの見た目なんてなんの問題もありません!

何日洗ってないんだろう…と思わずにいられない髪型は取り去って「サラサラヘアー」を手に入れましょう!

顔に塗り付けた模様を毛穴までクレンジングしたら、パウダーファンデでふんわり仕上げるも良し、リキッドファンデでツヤ肌に仕上げるも良し!

リップはマット?それともグロスのせる?アイシャドーは?チークは?ほくろつけてセクシーにする?などなど・・・そんなこと考えながら自キャラを作っていると休日はあっという間に終わっています…

そんなことが出来てしまえるスカイリムなのです。

上記の美化は一例で、他にもたくさんの美化Modがあります。自分好みのお顔を探すのも楽しみの一つです!

雰囲気が暗そう、寒そう、荒廃した世界感なの?

イエス!荒廃してます。そしてスカイリムは寒々しい世界です。
バニラでのグラフィックの色味も寒々しいです。

出だしから「処刑されそうになる」という面喰っちゃうオープニングですが、巨人と呼ばれるコシミノ付けただけの変態さんが闊歩していたり、夜間は吸血鬼に襲われたり、暗殺者がいたり、戦争に巻き込まれたり…

これだけ聞くと全く「プレイしたい」とは思えないですね、、うん、思えない・・。
だけどModがあれば・・・!

出てくる動物はいかつい熊やマンモスだけじゃありません。

なんだか暗い印象のおうちに住む必要もありません。

汗臭そうな鎧や服を着る必要もありません。
ピアスや指輪、ブレスレットはもちろんのこと、ちょっとヤル気があればタトゥーだって自分で作ったデザインを入れることだって可能です。

寒々しい世界じゃなくふんわり暖かな世界でお散歩しましょう。

わんにゃんはもちろん、ペンギンやらジュゴンやらまで追加できるModもあるので動物好きさんもきっと満足できることでしょう。

鎧も、超セクシーなものからピッチリかっこいいもの、フリフリなものまで多種多様!オシャレが大好きな女子様もきっと満足できることでしょう。

肌の質感、胸の大きさ、足の長さ、瞳の色から髪型まで、自キャラをとことん作り込めるので美意識高いお姉さま方もきっと満足できることでしょう。

ちなみに、えろえろ関係のModも充実しておりますので、そっち方面重視のお兄様たちにも言わずもがな・・・

スカイリムを「楽しめるかも」しれない人

スカイリムは、スイッチ版The Elder Scrolls V: SkyrimとかPS版とか色々出てますが、私はPC版をおすすめします。
理由は上記で書いてきたModをフル活用できるからです。
なので、ここからはPC版スカイリムのプレイ前提ということで書いていきたいと思います。

スカイリムを楽しめる人
  • オープンワールドが好き
  • 決められたルートじゃなく好きな時に好きなことをしたい
  • 自分だけの空間を作り込んでいけるなら努力は惜しまない
  • 脳内妄想が得意
  • 採集や武防具などを収集するのが好き
  • かわいい女の子orイケメン男子と旅がしたい

まず、スカイリムというゲームは決められたルートがありません。

オープニングが終わってしまえば、あとは「はい、あとは勝手にやってね~」的に放置プレイが始まります。
盗賊となって悪人プレイするも良し、良いことしかしない善人プレイをするも良しです。

もちろんメインストーリーはあるしNPCに話しかければクエストも発生するので、それをコツコツやっていく形にはなるのですが…

なにせサイドクエストの量が半端ないので、メインを進めているはずがいつのまにか違うクエストを追っかけていた!なんてことはざらです。

「これをしないと次に進めない」「これは絶対やらなければならない」というよくあるRPGの流れではないので、いつどこで何をしようと自分次第
むしろメインストーリーをやらなくったって問題ありません。

「決められたストーリーを追うRPG」が当たり前になっている場合、こんな風に放り出されてしまうと「え?なにすればいいの?」状態になり「なんかつまんないな…」となってしまうことも…。

私の場合は、良くも悪くもRPGというものが昔からあまり好きではなく、ファイナルファンタジーやドラゴンクエストとかもかじった位でまともにやったことはなかったんです。

なので、「好きな時に、好きな場所に行けて、好きなことができる」というのがすごく楽しくて、しかも自分好みの映像を心ゆくまで作り上げていけるというのがはまった理由だと思います。

戦闘ゲームは苦手…という人でも、箱庭系とか着せ替えを楽しむゲームだったりとか、そういう「自分でなにかを作っていく」ことが好きな人ははまるんじゃないかなぁと思います。

私などは、へたくそなりにも服のテクスチャを自分好みのものに張り替えたり、肌のテクスチャにタトゥーを入れ込んでみたりして実際のゲーム時間よりもそういう楽しみ方で遊んでる時間のほうが長い気がしますね…。

「脳内妄想が得意」と書いたのは、このゲームのプレイヤーは「囚人」という立場から始まるため、それまでの物語は一切ないんです。

プレイヤーが囚人として捕らわれる前はどんな人物だったのか?どうしてスカイリムに来たのか?

この辺を脳内で設定して旅をしてみると、また違う楽しみ方も出てくると思います。

あとは、収集品。
私は、「採集」が大好きです!

今までやってきたゲームでも、戦闘そっちのけで目についた草やら花やら鉱石やらを採集しまくってました。
「クエスト:●●を〇百個採集しろ!」みたいなクエストもなんの苦も無くできてたほどです。(´∀`)

スカイリムでも、植物を採集→それを使って錬金で薬を作るというよくあるクラフトが存在します。
そして武防具も特殊なものがあり、Modではそういった収集品を家に飾るということもできます。楽しいですね~♪

しかし、ずっと「Mod Mod」言ってますが、、このModを使いこなすにはそれなりの「お勉強」も必要となってきます。

Modへの知識が一切なかった私は、それはそれは果てしない時間を使ってお勉強しました。

「Mod入れて終わり」ではありません

入れたら不具合出て動かなくなった、落ちるようになった、顔と体のテクスチャが違う~などなど、、最初は「なんで?どうして!?もういやだ…」なんてことがたくさん出てくると思います。

そんな色々なトラブルも自分自身で調べて、試して、乗り越えていく必要が出てくるのです。。
それだけの「自分の世界観を作りたい!」という熱い思い!があるかどうか…ということになってきますね(笑)

と言っても、Skyrim Special Edition Mod データベースのコメント欄にはたくさんの不具合報告やその対処法などを書いてくださってる方も多いので、順番に、焦らず、ゆっくりやれば大方はうまくいきます。

とりあえず「愛」ですね!
スカイリムへの「愛」がどれほどあるか!?です(笑)
「愛」があればなんでもできる!

そんなわけで、ちょっとでも気になった方がいたらぜひぜひプレイしてみてほしいです。

スカイリムを「楽しめないかも」な人

スカイリム楽しめないかも…?
  • 「難しい」「複雑な」「やり込み要素の多い」そんな戦闘が好き
  • 決められたストーリーを追っていきたい
  • NPCから暴言を吐かれたりすると凹む
  • Mod導入には抵抗がある
  • ゲーミングPC持ってない!

まず、「戦闘」こればっかりはどうしようもありません。
スカイリム大好きな友達と話していても、やっぱり「戦闘だけはつまらない」と言ってます。

なんかこう、もっと戦略的というか色々考えて立ち回りたいみたいです(笑)
それでも、スカイリムの世界感が好きだから敵強化のModをばんばん入れて楽しんでいるみたいですけど!

そんな感じなので、やっぱり「戦闘重視」の人にはつまらないと感じるのかもしれないと思ってます。

あと、決まったルートがないのでなにをしてもOKなんですが、この「OK」というのが曲者で、「OKだけど犯罪者にもなっちゃうよ」ということです。

これは現実世界と同じと考えていいと思います。

例えば、樽を漁っているところをNPCに見られれば「やだ、あの子、ゴミ漁ってるわよ」みたいなことを言われたりしますし、住人のNPCを殺してしまえば賞金首になり、ひどくなると村や街を守る衛兵全員に追われる立場となってしまいます。

そうなるとクエストを受けられない状況になってしまったりして「なんだこれ」状態に…なんてことも。
それと世界観的にプレイヤーに対して最初から好意的なNPCが少ないので、その辺も日本のRPGと違う点ですね。

あとはModです。
Modを入れないと「自由度の高いスカイリム」は堪能することが出来ません。 ※ココ超重要

もちろんバニラのままでも楽しめますが、たぶん全クエストを終わらせるまでに飽きちゃうんじゃないかなぁと思われます。
私も、たぶんModというものがなければここまでスカイリムファンになってないだろうし、このサイト立ち上げることもなかったと思います。

そもそもゲーミングPCを持ってない…

これは……買いましょう!!!(笑)ぜひ買いましょう!!!(笑)

私自身、PCの内部的な話には詳しくありません。
そこはもう詳しく説明されているサイトさんがたくさんあると思うので、そちらを参考にスカイリムできるPCを買いましょう!(笑)

一応、私が現在使っているPCのスペックを載せておきます。

このスペックで、ENBあり、MOD数200超え、テクスチャや植物の美化MOD、カスタムボイスフォロワー常に4~5人連れ歩いてますが、カクついたり固まったりしたことはないです。

2019年に買った物なので今では型落ちですが、スカイリムをやっている分にはFPSもほぼ60安定です。参考にどうぞ。

【 グラフィック 】 NVIDIA(R) GeForce(R) RTX 2070 SUPER(TM) 8GB
【 CPU 】 インテル(R) Core(TM) i7-9700
【メモリ 】 16GB(8GB×2)

PCに詳しい友人に聞いてフロンティアで購入しました!↓

\セール会場へ急げ~!/

まとめ

私は本来、SIM4Farm Togetherといったまったり系ゲームが好きです。

最近は友達と時間が合えば「モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション」もやってるんですが、コレに関しては戦闘メインにもかかわらず楽しんでる自分がいます。なぜかは自分でもわかりません(笑)


ちなみに、スカイリムをやっていくうちに初めて自分が「ステルス」というものが好きなのだと気づきました。
私のスカイリムでのプレイの仕方は、「遠くから弓で気づかれずに敵を倒す」が基本です

戦闘が苦手な私は、近接で戦ったら絶対すぐに死んじゃうなーと思ったので、最初はそれを避けるために遠距離の弓を選びました。
フォロワーさんに助けてもらいながらもレベルを上げていき、弓の腕も上がっていったところで気づいた。

あれ…私、最近、敵とまともに打ち合いしてないような…

いつのまにか「いかに気づかれず、遠距離から一発で仕留められるか!」というプレイをしていました。

最初は「ステルス」という言葉の意味さえ知りませんでしたが、なるほど、これがそういうやつなのか、、、と。
いや、すっごく楽しい、すてるす!

こんな風にですね、私のような”基本的にはまったり系ゲーマー”もスカイリムで新しい世界が開けるかもしれません。

ちなみにちなみに、スカイリムで洋ゲーに目覚めたあと人気の高かった「ウィッチャー3」もやってみましたが・・・全くはまりませんでした。


理由は「戦闘が難しかった」「プレイヤーとして動かせるのが渋いおっちゃんオンリー」が主な理由です。
やっぱり、「かわいい女の子でプレイしたい」し「オシャレもしたい」。

グラフィックはとてもきれいで、作り込みも半端なく良かったんですが、、やっぱり上記が満たされないと私は続けられないみたいです(;´∀`)


どうでしたでしょうか?

過去の私と同じような理由でスカイリムプレイを躊躇している方、、ちょっとやってみようかな?と思ってもらえたら嬉しです。
スカイリムの次回作をずーっと心待ちに待っているノノピですが、それまではまだまだスカイリムを楽しんでいくつもりです。

エルダー・スクロールズ・オンラインももちろん買ったんですが「なんか違うかも・・・」という感じがぬぐい切れずやめてしまいました。

ではでは、少しでもたくさんの方が素晴らしきスカイリムの世界を堪能できますように!
最後まで読んでくださりありがとうございました。

SHARE
目次
閉じる