クエスト:世界のノド【The Throat of the World】

前提クエスト「アルドゥインの壁」にて、エズバーンがスカイ・ヘヴン聖堂にあるアルドゥインの壁の解読に成功。
それによると、アルドゥインは遠い昔に何らかのシャウトで倒されたことが判明したことがわかった。
そのシャウトが何なのかを教えてもらうため、再びハイ・フロスガーにいるグレイビアード達を訪ねてみることに。

目次

シャウト「晴天の空」を学ぶ

ハイ・フロスガーに戻ったらアーンゲールに話しかけます。

アーンゲールは「ドラゴンレンド」というシャウトのことは知っていたものの、教えることはできないと…。

しかし、グレイビアードの長だというパーサーナックスなら何か知っているのでは?というわけで、彼がいる山の頂まで行くための新たなシャウト「晴天の空」を教えてもらうことになります。

アーンゲールについてハイ・フロスガーの中庭へ行くと、地面に文字が浮かび上がります。

三つを同時に教えてくれるので、SSの順序で文字の上に立っていくと「晴天の空」というシャウトを学ぶことができます。

学んだら「晴天の空」を使えるようにセットして、いざ山頂を目指しましょう!

パーサーナックスから力の言葉を習得する

山の頂上に着くまでに、氷の精霊との戦闘が何度かあります。
氷の精霊からは「氷の生霊のエキス」「氷の生霊の歯」が取れ、どちらも錬金術に使用できます。
あまり数が取れないもので、氷の生霊の歯については、クエスト「マライズのために氷の生霊の歯を5本見つける」で必要にもなるので忘れずに取っておきましょう。

道中には「銀」「オリハルコン」の鉱脈があるので、つるはしを持って行くことをおすすめします。
※頂上まで行けば「刻み目のあるつるはし」が入手できます。

階段を上ると、すぐに行く手を阻む風の壁に直面するので、早速その場所に向かって「Zキー」で「晴天の空」を発動します。

すると「”晴天の空”のシャウトで道を切り開く」が完了。頂上に着くまでに、この風の壁がいくつか出てくるので同じ要領で切り開いて進んでいきます。

霧に覆われて前が見えなくなった場合も同じように「晴天の空」で晴れさすことができるので、惜しみなく使っていきましょう。

道なりに進んでいき頂上に到着すると、パーサーナックスが下りてくるので話します。

力の言葉「ファイアブレス」を教えてくれるので壁に近づき習得!

その後、シャウト「ファイアブレス」を使ってみろと言われるので、シャウトの欄から覚えたてのファイアブレスを選択しパーサーナックスに向かって「Zキー」!

あとはパーサーナックスと沢山お話をして「世界のノド」は完了です。

続いて、星霜の書の在処を突き止める「エルダーの知識」が開始されます。

それにしても、パーサーナックスさんの翼がボロボロで痛々しい…

セリフの中でも「ハハハ」と笑う場面もあったりして、さすが過去に人間たちと一緒にアルドゥインに立ち向かったというだけあってフレンドリー♪

私は絶対ブレイズに加担はしないぞ!!

刻み目のあるつるはしと鉱脈

おまけとして、この場所からさらに岩を登っていくと「刻み目のあるつるはし」というユニーク武器があります。

周りには黒檀・クジャク石の鉱脈があるので、ぜひ頑張って岩山をジャンプジャンプ!で駆け上りゲットしてください。(*’ー’*)

SHARE
目次
閉じる