テクスチャにタトゥーを入れてみる

スカイリムSEのプレイヤーボディテクスチャだけに、タトゥーを直接書き込んでいく方法です。

使用するものと環境
  • 画像編集ソフト
  • paint.net
  • 好きなタトゥー画像
  • 使用しているスキンテクスチャ
  • Enhanced Character Edit SEの「YgNord」でキャラを作成している
  • MO2を使用中

画像編集ソフト

私が普段から使っている画像編集ソフトが「Photoshop Elements」なので今回はこれを使いますが、GIMPなどのフリーソフトでも可能です。

個人的にGIMPはあまり使ったことがないので、そちらでの編集の仕方はこのページでは説明していません。

paint.net

「paint.net」はddsで保存をするために使用します。フリーソフトです。

タトゥーに使う画像

今回は「DX Merta Assassin Outfit – UNP」のOptional filesにある「Merta Assassin Tattoos SSE」を使用します。
フリー画像や自作の画像を用意してもOKです。

Enhanced Character Edit SE

私が使っているキャラクター作成MODです。
そもそもRacemenuを使っていれば、「Merta Assassin Tattoos SSE」は普通に使えます。

目次

タトゥー画像を用意する

DX Merta Assassin Outfit – UNP」から「Merta Assassin Tattoos SSE」をマニュアルダウンロードします。

DLしてきたzipを開いて、

\Merta Assassin Tattoos SSE-4278-2-0-1556295050.7z\textures\actors\character\overlays\Merta Tattoos\

上記のフォルダにあるテクスチャから好きな画像をダブルクリックして「paint.net」で開きます。

タトゥー画像をPNGで保存する

「Photoshop Elements」ではdds画像を開けないので、一旦「paint.net」で開き「png」で保存します。

ファイル⇒名前を付けて保存⇒ファイルの種類をPNGにして、デスクトップなど分かりやすい場所に保存。

「構成の保存」という画面が出てきますが、そのままOKをクリック。

ボディテクスチャをPNGで保存する

同じく、今プレイヤーキャラクター(YgNord)に使っているスキンテクスチャも同じようにPNGで保存し直します。

私の場合はMO2を使っているので、以下のフォルダからボディテクスチャ femalebody_1.dds を「paint.net」で開き「PNG」でデスクトップへ保存。

C:\Modding\MO2\mods\Enhanced Character Edit\textures\Actors\Character\Enhanced\Female

これで、デスクトップに「タトゥー画像.png」「femalebody_1.png」ができたと思います。

Photoshop Elementsで編集する

デスクトップにできた二つの画像をPhotoshop Elementsで開きます。

タトゥー画像にカーソルを合わせてボディテクスチャのタブへドラッグすると、画面がボディテクスチャに切り替わるので、ボディテクスチャの上でドロップ。

透過されている所をクリックしても掴めないので、画像のある部分をドラッグしてください。

タトゥーを入れたい場所に画像を動かして調整します。

タトゥーの色が薄い場合

私は「The Pure CBBE and UNP – 4K or 8K Female Skin Textures」を使っているのですが、このボディテクスチャにそのまま「Merta Assassin Tattoos SSE」を入れ込んだ場合、かなりタトゥーの色が薄くなってしまいました。

なので、もう一度タトゥー画像の編集画面に戻り上部メニューの「画質調整」⇒「ライティング」⇒「明るさ・コントラスト」の「明るさ」を暗くして、黒を濃くしました。

最初は一番濃くしてみたんですが、ゲーム内で確認したところちょっと濃すぎて肌から浮いていたので、ボディテクスチャに乗せて確認しながら好みの色に調整してください。

タトゥー入りの「femalebody_1.png」が出来上がったら、これをまたPNGで保存します。

次でこの画像を「paint.net」で開くので、わかりやすい場所に保存してください。

「paint.net」で「dds」保存する

先ほど作った「femalebody_1.png」を「paint.net」で開きます。

そして、そのままDDSで保存。

これで、タトゥー入りのボディテクスチャが出来上がりました。

出来上がった「femalebody_1.dds」をまた元の場所(「YgNord」のスキンテクスチャがある場所)に戻してあげれば、YgNordで作った自キャラのボディだけにタトゥーが入るという仕組みです。

完成したテクスチャ

Photoshop Elementsについて

現在私が使っているのは、「Photoshop Elements13」なので最新版のものとは少し勝手が違うかもしれませんが、概ねこんな感じです。

今のフォトショップは月額制。
そこまではいらない…だけど高機能な画像編集ソフトが欲しい…と言う場合に「Photoshop Elements」は重宝すると思います。

仕事柄、写真を撮ることが多いので普段の写真の編集や整理もサクサクできて、私はずっと「Photoshop Elements」を使っています。月額制じゃなく買取りというのがポイントですね。

ただ、DDS画像を扱えないのが痛い所…可能にしてくれないかなぁとずっと思ってます(笑)

同じくらい高機能でDDSが扱えるソフトが出たら、すぐに乗り換えるんだけどなぁ…。

それにしても、最新の「Photoshop Elements 2021」が気になりすぎる…。
静止画に動きをつけるとか、傾いた顔をまっすぐにするとか、メッセージ入りグラフィックスはすごくかわいいし…。
無料体験版があるみたいなので、とりあえず使ってみることにします!

SHARE
目次
閉じる