リバーウッドにて「カミラへ手紙を届ける」クエストと初めての鍛冶体験

クエスト「カミラへ手紙を届ける」の詳細はこちら

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://nonopy.com/a-lovely-letter/ ‎ target=]

「ファエンダル?」

リリが声をかけると、びっくりしたように振り向いたファエンダル。

「ああ、、確かにファエンダルだが…(なんだこいつ…)」

「あのね、スヴェンがこの手紙をカミラに渡せって言ってきたんだけど、どうする?」

手紙を受け取り中を確認するファエンダルの顔がみるみる真っ赤になっていく。

「なんだこれは!あのほら吹きめ、何を企んでる?!
そうか、カミラと俺を仲違いさせるつもりだな?なら、こっちにも考えがある。」

お、どうするんだろ…と見ていると、ファエンダルはその場でサラサラと紙に何か書き始めた。
そしてそれをリリに渡すと「ほら、この手紙をスヴェンからと言ってカミラに渡してくれ。これを読んだ彼女がどう思うか見ものだな」と嫌な笑みを浮かべる。

一体どんな手紙なんだろ、と読んでみるリリ。

こ、これは!

ファエンダル…あなた素晴らしいね

これは、すごい手紙だ!スヴェンのものとは比べ物にならないほどの破壊力のあるの文面!

スヴェンの書いたものは誰にでも書けるようなストレートな嫌な手紙だけど、このファエンダル作のものは一見悪意のないものに見える。

「大好きだからこそそうしてもらいたい!」っていう欲望の塊のようなお手紙。。

相手によっては「喜んでやるやる~嬉しい~!」ってなる内容だと思う。しかしそれはあくまでも”尽くすのが大好きな女性”限定であろう。。

しかし、カミラのような自立した女性にこれは…
その辺のことをすごくよく考えて作られた手紙だ…!

で、報酬は?ちなみにちなみにぃ、スヴェンは25Gくれるって凍てったんだけど~?

「25Gか…ふむ…すまない、こちらも25Gしか出せない(システム的に)
しかぁし!こちらはおまけがつくぞ!なんと!今なら!同じ25Gで!なんと!なんと!弓術レベルアップキャンペーンですよ!」

「弓術れべるあっぷきゃんぺーん???」

「そう!見たところ君は弓使いだろう?弓術のスキルあげたいだろう?私がフォロワーになったら、実質タダでレベルアップできるぞ!どうだ!?こんなお得なキャンペーンはなかなかないぞ!」

ちょっとヤヴァイ奴かもしれないと思いつつ、ファエンダルの勢いに押され…

「…じゃあ実質無料キャンペーンでお願いします…(´・ω・`)」
と言ってしまうリリ。。

「お客様!お目が高い!さすがです!見る目がある!あんな吟遊詩人より、このファエンダルのほうがイケメンだと見抜いたんですねぇ!すんばらしぃ~!」

「わかった、わかったから…とりあえず行ってきますわ…」
こうしてトレーダーに向かうことになったリリ。

ここでいいんだよね。。
リバーウッド・トレーダーの看板を見上げてからそっとドアを開ける。

「誰かがどうにかしないと!」

「駄目だと言ったろ!冒険も、芝居も、盗賊を追いかけるのも駄目だ!」

それで、何をするつもりなの?聞かせてもらいましょう!

え?いきなり喧嘩?

と思いながらもカウンターの上に乗っかってる兜が気になるリリ。

どうしていいかわからず、とりあえずその場で終わるのを待ってみる。
するとこの店の主人と思われるルーカンが「ああ、客か。聞かせてしまって悪かった」とこちらに顔を向けた。

「あ、いや、ちょっとカミラさんにお届け物なんだけど…」

「まぁ、私に?誰から?」

リリはファエンダルから受け取った手紙を取り出し「スヴェンって人からの手紙なんだけど」と差し出した。

嬉しそうに手紙を開くカミラ…が、その顔はたちまち般若のように険しくなっていく。

「これは何?もしあの間抜けが自分の汚い家を本気で掃除してもらえる気でいるなら、こっちだって…」

まぁ、そうなるよねぇ、、スヴェンには申し訳ないけど致し方ない。
だって実質無料キャンペーン…

カミラがプンスカ怒ったところで、そういえばここって雑貨屋だよね。
なんかいろいろ揃えられるかも?

思えば帝国軍の鎧から始まり、それも臭くなってきたので今はストームクロークから剥いだ鎧を着ている始末。
しかし、これも相当年季が入ってるようでかなり臭い…
そろそろ新品の鎧が欲しい…

ルーカンに「ねぇ、なにかいい装備ない?」と聞くと、彼は「何を耳に入れたか知らないが、リバーウッド・トレーダーはまだ開店している。遠慮なく買い物してくれ」と言う。

何を耳に入れたかって…?ん?なにかあったの?

「ああ、、ちょっとした窃盗にあったんだ。だが売るものはまだ沢山ある。
盗賊は純金でできたドラゴンの爪だけを持っていったんだ。」

「盗賊ね…それはご愁傷様」

「…なぁ、見たところお前は戦闘が得意そうだが、この金の爪を取り返してきてくれないか?
報酬は金貨で払おう。どうだ?」

どうやらルーカンは盗まれた金の爪を取り返してもらいたい模様。
リリは少し考えた後「で、かわいくてかっこよくて強い軽装備は置いてるの?」と聞くと「ああ、あるとも!防具はもちろん弓も矢も揃ってるぞ!金の爪を取り返してくれるなら、格安で売ってやろう!」と…

ふん…防具だけじゃなく弓も矢もあるってことね…
それじゃっと…

リリはカウンターの下で何やらごそごそと始めたかと思うと…

………「ぐんだむ」ってなんだろう…

ルーカンはしばらくの沈黙のあと、小さな疑問を残しつつも…

こいつはあまり関わってはいけない奴だ。きっとそうだ、そうに違いない…(それにしてもグンダムとは一体…)
ルーカンは何かを察したようで、一つの装備箱をカウンターの下から取り出した。

パッケージを見た瞬間、リリは一目で気に入り、続けてこう言う。

「で、弓と矢は?」

「…え……弓と矢もいるの?」

………………

「……どうぞ…」

同じくカウンターの下から取り出したのは、緑色の発光塗料で装飾されたきれいな弓と矢筒。

「うわぁ!かわいい弓!ありがと~ルーカン♪」

「本当に金の爪を取り返してきてくれよ?!
その為にやったんだからな!?」
ルーカンの焦りとは裏腹に「おけおけ(´・ω・`)」と呑気に返すリリ。

「全く…大赤字だよ…ほんとに頼むぞ…
ああ、それと盗賊は町の北東にあるブリーク・フォール墓地にいるはずだ。そこへ向かってくれ」

ブリーク・フォール墓地ってどこにあるんだろう?と考えていると後ろからカミラがルーカンに声をかける。

「ルーカン、これがあなたの計画なの?」

「そうだ。これでお前が行く必要ななくなっただろう?」

カミラは笑いながら「じゃあ、案内役が必要ね。来て、ブリーク・フォール墓地への行き方を教えてあげるわ」と出ていった。

なぜルーカンの金の爪だけを盗んだのかしら。だって、同じくらい価値のある物は店にいくらでもあるのに

前を歩いていくカミラは、ブリークフォール墓地のことや爪について少し話をしてくれた。

「ブリーク・フォール墓地へ行くには、町を抜けて橋を渡らないといけないの。
ここからも見えるのよ。ほら、あそこの山の上の方なんだけど…」

見ると、確かに山の上に変な建物が見える。遺跡ってやつだろうか?

「あそこに潜んでいる盗賊どもはイカれてるに違いないわ。ああいう古い墓地はトラップやトロールであふれてるし、他にも何があるか分かったもんじゃないのよ!」

「その爪ってどこから仕入れてきたとかわかってるの?もしかして、元々その盗賊たちのものだったってことはない?」

「あの爪は、ルーカンが店を開いて1年後くらいに見つけきたんだけど…どこで手に入れたかは詳しく話そうとしなかったのよ。兄は用心深いの。」

リバーウッドの橋に差し掛かったところでカミラは立ち止まった。

「この先の山道は曲がりくねっているわ。古い監視塔が見えたら、その道であってるはずよ。
塔に着いたら、北に向かって。ブリーク・フォール墓地は、さらに進んで角を曲がった所よ」

わかった。でも、まだリバーウッドでやることがあるから一旦戻るね。
金の爪を取り返して来たらすぐに届けるから待ってて。

リリは戻らなければならなかった。
だって、ファエンダルから報酬を貰わねばならない!

カミラは「わかったわ、幸運を。戻ってくるのをルーカンと店で待ってるわ」と言って先に戻っていった。

さてと…ファエンダルはどこにいるのかなー?と探していると、いつも通り薪運びに精を出しているファエンダル。

「ファエンダルー!渡してきたよ!」

「おお!どうだった?カミラはなんて?」

「めっちゃ怒ってたよ!そりゃあの手紙じゃあ無理もないけどね。まぁ、これでもうカミラがスヴェンの相手をすることはないんじゃないかな」

ファエンダルは小躍りすると、約束通り25Gを手渡してきた。
そして「さあ、どうする?私をフォロワーとしてすぐに連れ出すか?!準備は出来てるぞ!」とちょっと嬉しそう…

「そうだね、じゃあホワイトランまで行くからついてきてくれる?
途中で弓のレベル上げもお願いね!」

ファエンダルは「任せろ!ちょっと待っててくれ、あれと…これと…あ、あれも持っていこう…」といそいそと旅の用意をジ始めたのだった。


重大なトラブル発生!

なんとなんと、ファエンダルから弓術を上げてもらうまではいいのですが、お金返してもらおうと持ち物を拝見したところ・・・ゴールドが一切ないっ!状態。。

え?なんで?確かに200ゴールド払って弓術上げたのに…なんで?

もももももしかしてSEから取り返せなくなったとか!?んーでもそれよりはやっぱりMODのどれかが悪さしてる確率のが高いよね…

ここから延々Modチェックを始めたわけですが、結果的にいうと最悪の答えが出てしまいました。
なんと、このトラブルの原因は「Unofficial Skyrim Special Edition Patch」だった、、、

他のMOD全部入れててもファエンダルの懐にはゴールドがちゃんと入るんです。
でもUSSEP入れると表示されなくなる。

でも、一概にUSEEPが問題とは言い切れない。

USEEPが必須のMODをいくつか入れてるので、USEEP+必須とされているMODたちのセットで抜くしかないから…もしかしたらその中のどれかなのかも…

USEEPを色々見ててもそんなバグは見つけられなかったし私の構築環境がきっとダメなんだろう…
今までUSEEPが原因のトラブルって経験したことなかったからちょっとびっくりした。
もしかしたら、そういう仕様ってこともあるのか…ないのか…わからない。。

だけど、コレが必須のMODも多くて個人的には絶対必要なMODなので、もうファエンダルの懐具合は見なかったことにしようかなと(笑)
きっとファエンダルだけじゃなくスキルトレーナー全般なんだと思うけど。。

まぁ、ここは地道にコツコツがんばりなさい!というノクターナル様のお導きと受け止めスルーして進めることにしました!(*’ω’*)

怖いのは、他の所でもトラブルが色々出てくるんではなかろうかという不安…

しかもその後、「A Matter of Time – A HUD clock widget」のサイズ変更ができなくなったり(位置は変更可能)、ルーカンとの取引でCTDすることに悩まされた。。

ルーカンCTDは「iNeed – Food Water and Sleep」が原因ということは分かったんだけど、どうすればいいかがわからない。
数日前は普通に取引できてたわけで、ということはineedが悪いのではなくその後に入れたModとの折り合いが悪かったんだろうなと思った。

ルーカンCTDについてはパッチで解決しました。
「iNeed – Food Water and Sleep」と「JK’s Skyrim」を併用している時に起こるバグのようで、パッチを出して下さっている方がいます。
同じ症状が出ている方はSkyrim Special Edition Mod データベースの「JK’s Skyrim」→コメントを見てみてください。

無事にファエンダルにフォロワーになってもらい(お金はやっぱり巻き上げられないが)、次回はリバーウッドの「アノオウチ」の畑仕事を頑張りたいと思います!

SHARE
目次
閉じる