スカイリムの彫刻石板リスト

ハイ・フロスガー(High Hrothgar)へ行く山道沿いに建っている彫刻石板の標章(Etched Tablets)リストです。

目次

標章Ⅰ

標章Ⅰ

人間の誕生以前は、ドラゴンがムンダス全土を支配していた。
彼らの言葉は声だったが、本当に必要な時しか話す事はなかった。
なぜなら声には空を覆い隠し、洪水を起こす力があったからだ。

標章2

標章Ⅱ

人間が生まれ、ムンダス全土に散らばっていった
ドラゴンは地を這う人間達を支配していた
その頃、人間は弱く、声を持っていなかった

標章3

標章Ⅲ

その昔、人間の未熟な魂には強さがあった
声を持つドラゴンに立ち向かうことを恐れなかったのだ
しかし、ドラゴンはその咆哮で人間を圧倒し、悲漢させた

標章Ⅳ

標章Ⅳ

人間を哀れんだカイネはパーサーナックスのもとを訪れた
両者は人間に声を伝授した
そしてドラゴンと人間との間に争いをもたらすこととなった

標章Ⅴ

標章Ⅴ

アルドゥインを世界から追い出し、人間が勝利した
これにより、人間の声の強さが証明された
しかし、何倍もの犠牲を払う結果となった

標章Ⅵ

標章Ⅵ

凄まじい言葉の力で、天空の子供たちは勝利を収めた
剣と声を使って第一帝国を建国した
そして、ドラゴンはこの世界から姿を消した

標章Ⅶ

標章Ⅶ

レッドマウンテンの声の達人達は身を潜めた
ユルゲン・ウィンドコーラーは7年の瞑想を始めた
強き声を打ち破る方法を理解するために

標章Ⅷ

標章Ⅷ

ユルゲン・ウィンドコーラーは沈黙を選び、戻ってきた
17人の論証者は声で彼を圧倒することが出来なかった
鎮静のユルゲンは自分の住まいを世界のノドに建てた

標章Ⅸ

標章Ⅸ

長い静寂の後、グレイビアードがある名前を口にした
タイバー・セプティム、その頃まだ青年だった彼がハイ・フロスガーに呼ばれた
彼は祝福され、ドヴァーキンと名付けられた

標章Ⅹ

標章Ⅹ

声は祈りである
内に秘められた道をたどれ
本当に必要な時にのみ言葉を発せよ

SHARE
目次
閉じる